農薬散布における無人航空機の安全対策について
国土交通省航空局より注意喚起がありました
2019. 8. 18
ドローンなど無人航空機の利活用の進展に伴い事故やトラブル等の件数が増加しており、国交省航空局に報告があった事案だけでも、平成28年度55件、平成29年度63件、平成30年度79件、令和元年度は6月末までに15件発生しています。
特に最近では、農薬散布中の無人航空機が架線等に接触し墜落する事案が頻繁に発生しているようです。
このような状況を受け、国土交通省航空局より空中散布における無人航空機の安全対策について注意喚起がありました。

内容の詳細は下記のURLよりご確認ください。
http://rn.msgs.jp/us/c2/vLkdG?t1=P&t2=2qeNQDEaVTq&t3=RrtBc

空中散布ではなくても、ドローンを飛ばす際には周辺環境を確認する事がとても重要です。特に電線や木の枝など細い物体にはドローンのセンサーも反応しません。十分注意しましょう。